トップページ

會田大輔氏のプロフィール、経歴などの情報をまとめています。アイダ設計に関する会社情報・採用情報・事業内容・最新ニュースなどの話題もまとめていきます。

■アイダ設計の概要と會田大輔氏のプロフィール

住宅建築の際、設計から土地の仕入れまで、ほとんど全ての工程を「自社一貫体制」で行う「株式会社アイダ設計」では、社員ひとりひとりが自身で抱える課題を超えた「家造りへの興味関心」を大切に育み、より知識を蓄えるための「土壌」がしっかりと備わっているところが大きな特徴だ。つまり、同社の社員は、「家」を専門とした研究者として様々な角度から調査できるだけではなく、より豊かな教養を獲得し、個人が得意とする専門分野に磨きをかけることができるということなのだろう。
上記の内容から、「アイダ設計は“家と人”に真摯に向き合う企業」であると想像されるが、更に具体例を明確にすべく、まずは概要と施工事例をご紹介しよう。

<概要>
社名(商号): 株式会社 アイダ設計
本社所在地 :〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
代表者:代表取締役社長 會田 貞光
創立: 昭和56年1月6日
業務内容:不動産業・建設業・建築設計・土地造成・プレカット加工損害保険代理業等

以上の「プレカット加工」は、安全、安心を誇るアイダ設計の代名詞と言えるのではないだろうか?自社工場で加工される木材が、温かい家庭を支える「土台」となってくれる。
その影響か、公式サイトの「お宅訪問」ページを見ると、同社に注文住宅を依頼する方々には、小さなお子さんを育てるご家庭やマイペースな暮らしを大切にするご夫婦など、「安心できる家庭のあり方」を重要視しているご家庭が多いように思う。
例えば、静岡県沼津市の「O様邸新築工事(仮称)」の場合。このご家庭では、モデルルーム見学がキッカケでアイダ設計に依頼をしたようだが、子育てをサポートしてくれるオール電化仕様がとても気に入っているという。
その他にも、公式サイトでは「月々5万円台以下購入可能物件」を紹介しているので、「住宅」に興味がある方は、自分に適した値段や施工法を様々な種類から吟味できるだろう。

元々、同社では上記の業務を26の子会社に分割、それぞれの得意分野を担当するという社風だったのが、今回、子会社を1社に統合したという。細分化されていた社内システムを刷新することで、顧客ニーズに柔軟に対応する目的があるとされているものの、背景にはどのようなストーリーが秘められているのだろうか・・・?
常務取締役の會田大輔氏によると、「当社が26社の子会社それぞれで業務を担当していた当初は業務ルートが統一されていなかった。そのため各部署の情報統合を行う度経理部門に非常に大きな負荷がかかってしまった」という。
自己開発からパッケージシステムに移行することで、内部統制強化を目指す同社では、将来への新たな経営基盤を構築し、今後更なる進化を遂げていくのだろう。

さて、アイダ設計の子会社統一に大きく貢献したと想像される「會田大輔氏」とはどのような人物であり、どのように同社に関わっているのか?
同社では17年度より新たな新入社員向けの研修システムを導入。16年10月に「採用研修課」を設立し、「注文住宅営業に強い、自社の生え抜き営業マン」の育成を始めた。個人的には、将来、アイダ設計から「営業部門の柱となる人物」が排出され、どのような働きを見せてくれるのか、非常に楽しみではあるものの、會田大輔氏は以上の件に対して
「競合に勝利するには変化しなければ成り立たない」と、非常に緊張感が漂うコメントを発していることから、アイダ設計の現在と将来を非常に厳しい目線で眺めつつも、根幹には同社の成長をまるで親のように見守る温かな人物であると想像される。

アイダ設計の採用に興味がある方は、公式サイトを確認することをお勧めするが、以下にも募集要項の一部を掲載しておこう。

<募集要項>
勤務地(総合職):東京都、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県、静岡県、山梨県、長野県、福島県、愛知県、宮城県、新潟県、沖縄県、岐阜県、三重県、福岡県、佐賀県、熊本県、鹿児島県
採用実績校:神奈川大学、関西大学、学習院大学、慶應義塾大学、国士舘大学、駒沢大学、中央大学、明治大学、早稲田大学etc・・・

例えばの話だが、會田大輔氏が「住宅」や「建築」について教える教員になったとして、彼がどのような講義を行い、論文指導をするのか、是非とも生徒のひとりとして参加をしてみたい!

  • 最終更新:2017-09-19 12:42:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード